家族が増えて考えた。保険を契約するのに気を付けた事。

30歳を過ぎて結婚し、これから家族が増える事を考えた時、保険に入ろうと思いました。

まず始めたのが、どんな保険が自分にぴったりなのか考える事でした。

色々な本やインターネットのサイトで調べましたが、正直保険という物のイメージが湧きません。

やはりここはプロに相談しようと思い、勤め先の保険屋さんを紹介して貰う事にしました。

自分にぴったりな保険を保険屋さんと相談した時に、まずお伺いしたのが、補償金についてです。

よくサスペンスなどで、何億の保険金、というような描写があり、一般の保険金についてもそんなイメージを持っていました。

実際に必要な保険金の算出金額は、残された家族や自分が必要な額を必要なだけ賄うという物で良いという事が分かりました。

何億円の保険だと掛け金も相当なものになってしまいますと。

この段階で家族の家計について、再度見直す事にしました。

まだ我が家には子供がいないので、妻と自分の2人です。

自分も妻も働いており、所謂DINKSで貯蓄も含め、家計には問題がありませんでした。

そこから今後子供が生まれてきた時の事や、病気の保証、月々の負担額も考えて、次のような保険に入る事にしました。

まず、死亡保障です。

これは自分が死んだ時に貰える保証です。

一般的には葬式代を賄える程度の保証を付ける事が多いそうで、大体200万円程度の保険に入りました。

こちらは、掛け捨てでは無く、満期解約時に返金のある貯蓄型の保険としました。

60歳頃に掛け金が却ってくる物で、その後も継続して続けると利息が増えていく内容です。

ある程度貯金があるので、保険の積み立てに頼らず、そちらの運用をメインに資産形成しても良いのですが、株式や投資信託はそれなりに行っているので、ポートフォリオの分散として、保険も選択しました。

次に入ったのが、入院保障です。

こちらも貯蓄型の保険にしました。

高度先進医療を受けた場合に保障される内容の物で、念のため入っておきました。

最後に、収入保障の保険にも入りました。

これは、何かの弾みに働けなくなった時に、子供が20歳になるまでの収入を保証してくれるものです。

掛け金によって支給される金額が決まっており我が家では、収入の半分程度を保証される物にしました。

収入保障は掛け捨てが多く、月々3,000円程度になりました。

これらの保険を組み合わせて、月額10,000円程の掛け金となりました。

保険を考える事で、現状の認識や将来の事を少し考えられたので、非常に良い体験となりました。

今後も定期的に見直し、最適な保険に切り替えていこうと思います。